交通系ICカード「一強時代」の終焉か 鉄道・バスにQRコードやクレカ決済が導入される、実に明白な理由

キーワード :
, , ,
交通系ICカードの「一強」が揺らいでいる。鉄道やバスにクレジットカードのタッチ決済や、QRコード決済の導入が進んでいる現状を解説する。

QRコードで多様な切符提供

QRコードで改札、広がる(画像:写真AC)
QRコードで改札、広がる(画像:写真AC)

 これと同時並行で、QRコードの利用も鉄道では始まっている。QRコードは、もともとはデンソーウェーブの登録商標ということもあり、日本発の規格である。しかし、中国などで急激に進むキャッシュレス化で瞬く間に普及し、その流れが日本にも入ってきたという「逆輸入」の側面がある。さまざまな分野でQRコードは活用されてきたものの、決済に関しては外国で使い始めるようになったという経緯だ。

 これに関しても京都丹後鉄道は早かった。京都丹後鉄道が属するWILLERグループでMaaSに力を入れることになり、沿線の各交通機関と共同でQRシステム実証実験を2020年に行い、現在では本格運用されている。スマートフォンアプリで区間運賃に対応するようにした。

 南海電気鉄道では別の方向性でQRコードを利用しようとしている。南海ではQRコードを利用した企画乗車券の実証実験を行って、観光客などの利便性を高める一方、券売機などでないと買えなかった企画乗車券のデジタル化を推進した。

 この実証実験も成功し、QRコード読み取りの改札機を増設していくことになった。タッチ決済対応改札と合わせて増やしていく。

 関東でタッチ決済を導入する東急電鉄は、QRコード導入にも取り組み始めた。多様な乗車券サービスとして、企画乗車券のチケットレス化は重要である。

 SuicaやPASMOに一日乗車券を搭載できるケースもあるが、現在ではカード式のSuicaやPASMOよりも、スマートフォンアプリでの利用が増えている。またカード式のものを持っていたとしても、すでに定期券で券面が埋まっているというケースが多い。チケットレスでの企画乗車券のために交通系ICカードを追加で買うというのも、どこかナンセンスである。

 その意味では、一日乗車券などの企画乗車券をQRコードとするのは、妥当なところであろう。

全てのコメントを見る