反対が根強くとも「免許証・マイナカード一体化」を断固進めなければならない事情

キーワード :
, , , ,
2024年、マイナンバーカードと健康保険証、運転免許証の一体化が予定されている。一体化によるメリットとは何か。なぜ今、保険証や免許証のデジタル化が必要なのか。あらためて考える。

2024年内にも スマホへマイナ機能を搭載

運転免許証と健康保険証のイメージ(画像:写真AC)
運転免許証と健康保険証のイメージ(画像:写真AC)

 政府は、2024年秋にも健康保険証をマイナンバーカードと一体化する方針を掲げている。現在の保険証は原則廃止になり、同年末には運転免許証とも統合する方向だ。

 将来的にはスマートフォンにマイナンバー機能を内蔵し、まずはAndroidスマートフォンへの搭載を目指すという。

 2016年から自治体での交付が始まったマイナンバーカードの取得率は2022年10月、50%を超えたばかり。

 マイナポイント付与という“アメ政策”からの転換については賛否両論あるが、筆者は事実上の義務化を支持する立場だ。マイナンバーカードと健康保険証、運転免許証を一体化してスマートフォンに搭載すると、私たちの生活はどう変わるのか。今回はそれについて考えてみたい。

マイナをスマホ搭載する三つのメリット

 一番のメリットはやはり、利便性の向上である。スマホ1台にあらゆるものを搭載できれば、健康保険証や運転免許証を別途持ち歩く必要がなくなり、財布やカードケースの中身がシンプルになる。

 ふたつ目のメリットは、紛失や盗難の可能性が減ることではないだろうか。今やスマホは私たちが日常生活で最も触れるアイテムだ。トイレに入るときも、眠るときも肌身離さず持ち歩く人は少なくない。

 一方、健康保険証や運転免許証は重要な公的書類ではあるが、スマホほど身近ではない。そのため紛失・盗難のリスクを減らす上でも、スマホへの搭載は理にかなっていると言えるだろう。

 三つ目は、健康保険証の信頼性が向上することである。現行の健康保険証のセキュリティーは無いに等しい。顔写真がないものも多く、その気になれば成りすましが可能だ。にもかかわらず、身分証明書として使われるケースも多い。

 マイナンバーカードと一体になれば、健康保険証の信頼性が向上するのは間違いない。

全てのコメントを見る