EVトラック対応「充電マップ」が公開 まずは三重県内、今後対象エリア拡大を視野に

キーワード :
, ,
CO2排出ゼロの物流事業に特化したF-ZEROが、EVトラックに対応した充電スポットをまとめた「EVトラック対応充電マップ」を公開した。

まずは三重県のみ 今後は他県に展開

EVトラックに対応した充電スポットのイメージ(画像:F-ZERO)
EVトラックに対応した充電スポットのイメージ(画像:F-ZERO)

 CO2排出ゼロの物流事業に特化したF-ZERO(三重県川越町)は6月30日、EVトラックに対応した充電スポットをまとめた「EVトラック対応充電マップ」を、公開した。

 2~3tサイズの小型トラックが駐車可能な、EV充電設備を備えたスポットをグーグルマップ上で閲覧できる。

 現在の対象範囲は三重県。今後は、他県の追加や大型トラックでも駐車可能なスポットの拡充などを予定している。また、サイトページ内で拡充対象地域のリクエストを受け付けている。

 対象ユーザーは、EVトラックドライバーのほか

・EVトラック導入検討事業者
・ゼロエミッション物流を目指す事業者

を視野に入れている。

 F-ZEROは公開に際して、

「EVトラックの導入障壁になっているひとつは「充電が切れることなく、安心して運行できるか」です。実際に大手食品メーカーさま、化粧品メーカーさまにヒアリングを行ったところ、「EVトラックを導入した場合、中・長距離輸送の際に、万が一でも充電切れが起こらないかという不安がある」と運用上の不安がみられました。そのような不安の解消を目的に、サービスとして本機能リリースにいたりました。本サービスを通じてEVトラックの導入が促進されることで、日本における「ゼロエミッション物流」の浸透促進を期待しています」

とコメントを寄せている。

全てのコメントを見る