月額わずか5000円から「乗り放題」 エリア限定の自動車サブスク、全国22エリアで展開へ

キーワード :
, , , ,
エリア定額乗り放題「mobi」を提供するCommunity Mobilityが、2022年4月1日(金)から事業を開始した。生活圏内に当たる半径約2kmの移動に、マイカーに代わる新たな「ちょいのり」サービスを提供する。

マイカーに代わる選択肢

自動車のエリア定額乗り放題「mobi」(画像:Community Mobility)
自動車のエリア定額乗り放題「mobi」(画像:Community Mobility)

 エリア定額乗り放題「mobi」を提供するCommunity Mobilityが、2022年4月1日(金)から事業を開始した。生活圏内に当たる半径約2kmの移動に、マイカーに代わる新たな「ちょいのり」サービスを提供する。

 全国22エリアで、地域ごとの課題とニーズを調査。免許返納者への代替サービス、家族の送り迎えを代替するサービス、移動サービスの充実化による観光地の活性化、 ニューノーマル時代に即した新たな移動サービスなどを検討、展開する方針だ。

 サブスクサービス「定額乗り放題プラン」は、30日間で一人5000円。家族で利用する場合、一人あたり500円追加で6人まで登録可能。家族3人なら合計6000円になる計算だ。

 また1回乗車は大人300円、子ども150円。専用アプリかコールセンターから申し込む。

 Community Mobilityは、WILLERとKDDIの合弁会社。モビリティサービスと通信の掛け合わせにより、「地方・都市の社会課題解決と新たな移動体験の提供、交通業界のDX化を支援する」としている。