JR山手線「中古マンションが安い駅」 1~4位は5000万円台、1億円超えは4駅!

キーワード :
, , , ,
リクルートが運営する「SUUMOジャーナル」は「JR山手線の中古マンションの価格相場が安い駅ランキング2022年版」を発表。シングル向け、カップル・ファミリー向けいずれも、“北低南高”の傾向がみられた。

シングル・ファミリー向け別でランキング

JR山手線(画像:写真AC)
JR山手線(画像:写真AC)

 リクルートが運営する「SUUMOジャーナル」は「JR山手線の中古マンションの価格相場が安い駅ランキング2022年版」を発表した。

 東京都内でも交通利便性の高さなどから人気のJR山手線は、それに伴い不動産価値も高くなっている。その中でも“狙い目”の駅はどこなのか。現在都内で物件を探している人だけでなく、将来的に購入を検討したいと考えている人にとっても気になるランキングだ。

 調査は、専有面積20平方メートル~50平方メートル未満の「シングル向け」と、同50平方メートル~80平方メートル未満の「カップル・ファミリー向け」が対象。駅徒歩15分以内、物件価格相場3億円以下、築35年未満、敷地権利は所有権のみ。2021年10~12月にSUUMOに掲載された中古マンション価格から中央値を算出した。

 なお、掲載物件が11件以上ある駅に限るため、シングル向けでは東京(千代田区)・有楽町(同)・高輪ゲートウェイ(港区)の3駅が、カップル・ファミリー向けでは東京・有楽町の2駅が、それぞれランク外となっている。