新幹線に必要なのは最高速度か、それとも加速力か? 「N700S」「E5」を例に考える

キーワード :
,
新幹線車両の「最高速度」「加減速性能」は、各事業者の置かれた環境で考え方が異なり、とても興味深い。その一部を紹介する。

N700系の登場

N700A(画像:写真AC)
N700A(画像:写真AC)

 そしてN700系が登場する。

 起動加速度2.6km/h/sは通勤電車並みのものであり、これにより最高速度に達する時間が早くなり、より速達性を高めることができるようになった。N700系は、東海道新幹線で285km/h、山陽新幹線で300km/hの最高速度となっている。走行する区間での最高速度に達するまでの時間が短くなることで過密運転を可能にした。

 N700系はN700Aへとバージョンアップし、その後N700Sが登場する。現在、東海道新幹線の全区間では、N700AとN700Sしか走行しておらず、最高速度や加減速性能がきっちりと統一され、「のぞみ12本ダイヤ」へと結実した。

 山陽新幹線はともかく、東海道新幹線は規格の古い新幹線のため、出せる最高速度にも限界がある。その限界がある中で、きっちりと加減速し、速達性を向上させようとするのがN700Sの考え方であり、N700Aもそれにそろえている。

 しかし、速さだけでいえばJR東日本のE5系(とJR北海道のH5系)、E6系もあるのではないかという見方もある。よしあしではなく、これらとJR東海の新幹線車両では、設計思想が違うのだ。

全てのコメントを見る