西鉄、鉄道による航空貨物の保税運送を開始 センコー・JR貨物と共同で

キーワード :
, , ,
西日本鉄道の国際物流事業本部が、大阪府泉佐野市の西鉄りんくう貨物センターから、成田・羽田空港国際貨物地区への航空貨物の保税運送における鉄道輸送を開始すると発表した。

グリーン社会の実現に貢献

貨物鉄道輸送(画像:西日本鉄道)
貨物鉄道輸送(画像:西日本鉄道)

 西日本鉄道の国際物流事業本部(東京都中央区)は12月13日、大阪府泉佐野市の西鉄りんくう貨物センターから、成田・羽田空港国際貨物地区への航空貨物の保税運送における鉄道輸送を開始すると発表した。センコー、日本貨物鉄道関西支社との共同事業。既に9月よりテスト輸送を開始しており、本格稼働は2023年4月開始を予定している。

 長距離トラックドライバーの供給不足が予想される「2024年問題」に対応し、関空から成田・羽田空港国際貨物地区への保税運送において安定供給が可能な別ルートを設定することで、輸出者のサプライチェーンの最適化に寄与する。

 また、長距離トラックの輸送区間をCO2排出の少ない鉄道輸送が担うことで排出量を削減し、グリーン社会の実現に貢献する。当該輸送を実施した場合、西鉄りんくう貨物センターから成田・羽田空港国際貨物地区への全行程をトラックで輸送する場合のCO2排出量と比較して、60%程度削減される。(西鉄りんくう貨物センターから成田・羽田空港国際貨物地区までの全行程を10tトラックで輸送した場合と比較)

 今後、西鉄手配により西鉄りんくう貨物センターから成田・羽田空港国際貨物地区へ保税運送している貨物の約半分を、将来的にこの新たなルートへ切り替えることを目標とする。