日産「サクラ」おさらい 駐車時・高速走行時の負担を軽減する技術「プロパイロット」とは何か?

キーワード :
, , ,
日産の軽EV「サクラ」が注目を浴びている。サクラの搭載する運転支援技術「プロパイロット」「プロパイロットパーキング」とは何か。

ハイスペックな「日産アリア」にも注目

車外からの操作で車を出し入れできる「プロパイロット リモート パーキング」(画像:日産自動車)
車外からの操作で車を出し入れできる「プロパイロット リモート パーキング」(画像:日産自動車)

 プロパイロットとプロパイロットパーキングは満足度の高い運転支援技術だが、さらにこのふたつを上回る技術を搭載したEVも日産から発売されている。それが「アリア」だ。同車は日産初となるEVクロスオーバーSUV(スポーツタイプ多目的車)である。

 同車は、クルマに話しかけるだけでさまざまな操作ができるEVならではの「NissanConnectサービス」を取り入れているほか、運転のストレスを軽減する運転支援機能として、

・プロパイロット2.0
・プロパイロットリモートパーキング

などを搭載。プロパイロット2.0は従来のプロパイロットに加えて、制限速度が変わったときの設定速度の切り替えやカーブの大きさに応じた減速の支援をしてくれる。

 さらにハンドルから手を離した状態で運転を楽しめる「ハンズオフドライブ」や、スイッチを押すだけで車線変更をアシストしてくれる「車線変更追い越し支援」などの技術も搭載。プロパイロット2.0を駆使すれば、高速道路走行時のストレスを大幅に緩和できる。

 またプロパイロットリモートパーキングでは、専用キーを使って車外から車を操作できる。遠隔操作ボタンを押すと車が動き出し、ボタンを放せば停止。いわゆるラジコンのような機能が備わっているため、狭いスペースに車を駐車していたとしても、乗り降りや荷物の出し入れに困ることはない。

全てのコメントを見る