オートロック住宅への「置き配」問題 デジタルキー活用で克服なるか ヤマトが実験

キーワード :
, ,
ヤマトHDが、デジタルキーを活用した、オートロックマンションへの「置き配」実験を行う。デジタルキーは配達情報ごとにワンタイムパスワードが発行される形とし、セキュリティ面に配慮する。

オートロックを解錠するための新機能を「EAZY」に追加

オートロックマンションでの「置き配」実験の概要(画像:ヤマトホールディングス)。
オートロックマンションでの「置き配」実験の概要(画像:ヤマトホールディングス)。

 ヤマトホールディングスは2021年2月24日(水)、デジタルキーを活用した、オートロックマンションへの「置き配」実験を行うと発表した。

 ヤマトグループは2020年6月に、EC事業者向けの配送商品「EAZY」を導入。連携した通販サイトで注文した商品が配達される際、受け取り側は配達直前まで対面手渡しや、玄関前に置いておく「置き配」など、受け取り方法を変更できる仕組みだ。

 しかしオートロックマンションは、宅配ボックスの数に限りがあったり、不在でオートロックが解除されなかったりといった事情で置き配ができないことがあった。

 この課題解決に向け、ヤマトは複数社のデジタルキーを同時に管理できるマルチデジタルキープラットフォームを開発。配達情報と連動して、デジタルキーによるオートロックの解錠が可能な新機能を「EAZY」に追加する。デジタルキーは配達情報ごとにワンタイムパスワードが発行される形とし、セキュリティ面に配慮する。

 実験は、3月上旬から東京都内で複数のデジタルキーを対象に開始。2021年度中に全国約1万棟での展開を進める。また、自宅に設置する宅配ボックスなどのデジタルキー化にも対応するため、デジタルキーの開発企業とさらなる連携も図る。