Hacobu「MOVO Berth」にダッシュボード機能追加 入出荷の情報を随時集計・可視化

キーワード :
, , , ,
Hacobuが、トラック予約受付サービス「MOVO Berth」で、ダッシュボード機能の提供を始めた。追加料金は不要。現場の改善につながる情報をスピーディーに把握できるという。

追加料金は不要

「MOVO Berth」ダッシュボードの画面イメージ(画像:Hacobu)。
「MOVO Berth」ダッシュボードの画面イメージ(画像:Hacobu)。

 物流分野のソフトウェア開発などを手掛けるHacobu(ハコブ)は2021年2月3日(水)、トラック予約受付サービス「MOVO Berth(ムーボ・バース)」で、ダッシュボード機能の提供を開始した。「MOVO Berth」の利用者は追加料金なしで利用できる。

「MOVO Berth」は、トラックバースの予約や物流施設の入退場受付をオンライン上で管理する仕組みだ。同社によると予約者側のユーザーも含めた利用拠点数は4000を突破(2021年1月現在)しており、トラック予約受付システム市場でシェア1位。また、利用トラックドライバーは11万2000人を突破し、トラックドライバーのおよそ7人に1人が利用しているという。

 今回提供を始めたダッシュボード機能は、バースへのトラック到着台数と予約方法の内訳、入場時間別の平均作業・待機時間、作業・待機時間ごとの車両台数をリアルタイムに集計し可視化。現場の改善につながる情報をスピーディーに把握できるとしている。