パーク24、空飛ぶクルマの「離発着場」開発に向けた業務提携を発表 あいおいニッセイ同和損保など3者と

キーワード :
, , ,
パーク24・英Skyports・あいおいニッセイ同和損害保険・兼松の4者は、空飛ぶクルマの離発着場開発に向けた業務提携に関する覚書を締結し、「時間貸駐車場」「カーシェアリング」「空飛ぶクルマ」が融合した事業の検討を開始すると発表した。

時間貸駐車場と空飛ぶクルマが融合

パーク24の企業ロゴ(画像:パーク24)
パーク24の企業ロゴ(画像:パーク24)

 駐車場大手パーク24(東京都品川区)はこのたび、英Skyports、あいおいニッセイ同和損害保険、兼松と、空飛ぶクルマの離発着場開発に向けた業務提携に関する覚書を締結し、

・時間貸駐車場
・カーシェアリング
・空飛ぶクルマ

が融合した事業の検討を開始すると発表した。

 本覚書により、4者はパーク24が管理する駐車場で、空飛ぶクルマの離発着場に適した場所を特定する為、大阪・関西エリアを中心に事業性評価を含む共同調査を実施する。

 なお空飛ぶクルマの離発着場は、空飛ぶクルマ用の離着陸拠点、専用の充電施設として機能する。

 さらに、4者は利用客のファーストマイルとラストマイルの移動手段として、パーク24のカーシェアリングサービスの活用についても検討を進める。

 あいおいニッセイ同和損害保険は、地上インフラと関連する空飛ぶクルマサービスに対する保険の提供・手配を行うとともに、空と陸をシームレスに統合したMaaSの開発を目指す。

 兼松はSkyportsと日本における空飛ぶクルマの地上インフラ開発・運営において資本業務提携をしており、国内でも注目を浴びる空飛ぶクルマにおいて、Skyportsの継続的な国内事業開発を支援している。