ついに個人向け登場! トヨタ超小型EV「C+pod」販売開始、満充電で150km走行

キーワード :
, , ,
トヨタの超小型BEV「C+pod」の個人ユーザー向け販売が開始した。軽自動車よりも小さい車体が特徴で、ちょっとした買い物など日常的な近距離移動での需要を見込んでいる。

軽自動車より小さい全長2.49m

個人向け販売が始まった超小型BEV「C+pod」(画像:トヨタ)。
個人向け販売が始まった超小型BEV「C+pod」(画像:トヨタ)。

 トヨタは、超小型BEV「C+pod(シーポッド)」について、2021年12月23日(木)から個人ユーザー向けにも販売を開始した。全車リース契約で、全国のトヨタ車両販売、レンタリース店で取り扱う。

 C+podは2人乗りタイプのBEVで2020年12月に発売。これまで一部法人ユーザーや自治体向けなど販売先を限定していた。

 車両サイズは全長2.49m、全幅1.29m、全高1.55mと軽自動車より小さい。最小回転半径3.9mと小回りの良さが特徴で、免許を取り立ての独身若年層や運転に不安を感じるお年寄りなど「日常生活で少人数・近距離の移動が多いユーザーに賢く使っていただけるモビリティ」(同社)としている。

 バッテリーはリチウムイオン電池で、一般家庭の電源で充電できる。満充電からの一充電走行距離(航続距離)は150km。最高時速60kmのため、高速道路を使わない近距離移動での使用を想定している。

 参考本体価格は「X」グレードが165万円で、「G」グレードが171万6000円。リース料金プランは取扱店によって異なるという。