生徒ひとりぼっちで運転! 指導員なしの「AI教習車」はメリット・デメリットどっちが多いのか?

キーワード :
, , , , ,
岡山県に日本初の「AI教習所」が開校した。受講する教習生にとってのメリット・デメリットとは何か?

岡山に、日本初の「AI教習所」

日本初の「AI教習所 岡山校」(画像:ミナミホールディングス)
日本初の「AI教習所 岡山校」(画像:ミナミホールディングス)

 自動車教習所といえば、助手席に指導員が同乗し、怒られつつほめられつつ免許取得に向けた練習すを積む場所だ。最近は高齢者教習もスタートし、ますます老若を問わないさまざまな利用者が訪れる場所となっている。

 そんな中、新たな試みとして「AI教習」というサービスをスタートさせた学校がある。
 岡山県に2022年7月1日(金)、指導員が同乗しなくてもひとりで運転練習ができる、AI教習車を活用した「AI教習所 岡山校」が開校した。

 人間の指導員ではなくAI教習車でのメリットについて同校は、

1. 対人ストレスが少なく済む
2. 指導員のスケジュールを気にせず乗りたいときに乗れる

のふたつをアピールしている。

 免許を取得してしまうとどのような場面においても自分の判断で運転しなければならないので、初めのうちから同乗者のいない状況を経験できるのは良いことだと筆者は考えている。

 しかし、初心者の車に対する漠然とした不安や危険予測の精度への不安などから、懐疑的な印象を抱く教習生もいるかもしれない。

 とはいえ、高齢者教習が始まるなど、教習所スタッフの多忙は想像に難くない。新型コロナ禍以降、移動手段として公共交通より自家用車を選ぶ人が増えたとも言い、教習所の需要は高まる一方だ。