中国EVが欧州市場を席巻する? 新興勢力「ジーカー」「シャオペン」の野望、EU追加関税検討も、立ちはだかる中国“報復リスク”のジレンマ

キーワード :
, , ,
ジーカーは5月にニューヨーク株式市場に上場し、シャオペンはドイツで販売開始している。欧州市場の競争は激化するが、関税問題や政治状況が影響する可能性もある。

NY株式市場に上場、ジーカーの素性

ジーカー「001」(画像:ジーカー)
ジーカー「001」(画像:ジーカー)

 中国製電気自動車(EV)といえば、BYDやNio(ニオ)あるいはファーウェイやシャオミを思い浮かべる人が多いだろう。そんななか、最近になって欧米のマスコミで度々注目を浴びているメーカーがある。それは、Zeekr(ジーカー)とXpeng(シャオペン)だ。

 ジーカーは、中国の吉利汽車が手がける高級EVブランドで、5月10日にニューヨーク株式市場に上場したことで知られることとなった。ニューヨーク株式市場への上場では、新規公開価格21ドルに対し、28.26ドルと35%近く上回った。上場以降は、一時的に30ドルを上回ったものの、緩やかに下がり続けており、5月末の終値は25.20ドルとなっている。

 ジーカーがニューヨーク株式市場に上場した背景には、

「中国国内の熾烈(しれつ)なEV販売競争」

があり、海外での収益を強化するねらいがある。とはいえ現時点においては、米国国内ではグーグルの持ち株会社であるアルファベット傘下のウェイモと自動運転サービス用の試作車の開発に止まっている。欧州では、2013年にスウェーデンに開発拠点を設立していたものの、2023年後半に欧州市場(スウェーデン、オランダ)に上陸したばかりである。

 欧州で販売されている車種は、シューティングブレークタイプの001のみだ。とはいえ、洗練された美しいデザインは、他の中国製EVとは一線を画している。低価格モデルで、

・航続距離:620km
・価格:6万970ユーロ(約1000万円)

であり、競合すると見られるテスラのモデルYより高めである。ジーカーの安最高経営責任者(CEO)は、

「吉利汽車は新エネルギー車時代のフォルクスワーゲングループ」

になる目標を掲げているが、第一歩を踏み出したところだろう。

全てのコメントを見る