自動運転・MaaS関連求人、ともに過去最多を更新 2022年8月調査で明らかに

キーワード :
, , ,
ストロボが、日本国内の自動運転・MaaS関連求人案件数の最新調査を発表。2022年8月末時点で自動運転関連は4万3648件、MaaS関連は1953件となった。

目立ち始めた地方企業の求人

自動車(画像:写真AC)
自動車(画像:写真AC)

 自動運転専門ニュースメディア「自動運転ラボ」を運営するストロボ(東京都港区)が10月11日、日本国内の自動運転・MaaS関連求人案件数の最新調査(2022年8月末時点)を発表した。

「自動運転」の関連求人案件数(主要転職6サイト)は2022年8月末時点で、前月比11.9%増、前年同月比62.2%増の4万3648件となった。2022年6月の4万1336件を抜いて、過去最多の件数だった。

 主要転職6サイト別では、

・Indeed:3万8913件(前月比13.1%増)
・doda:3394件(5.6%増)
・マイナビ転職:149件(3.5%増)
・ランスタッド:78件(変化なし)
・エン転職:49件(12.5%減)
・リクナビNEXT:1065件(4.2%減)

となっている。dodaは21か月連続の増加となっている。

「MaaS」の関連求人案件数(主要転職6サイト)は2022年8月末時点で、前月比3.4%増、前年同月比81.3%増の1953件となった。2022年6月に記録した1952件を上回り、過去最高となっている。

 主要転職サイト別では

・Indeed:1283件(前月比3.4%増)
・doda:467件(8.4%増)
・マイナビ転職:6件(200.0%増)
・ランスタッド:10件(変化なし)
・エン転職:2件(変化なし)
・リクナビNEXT:185件(8.4%減)

となっている。

 今回の結果について、ストロボは

「自動運転関連求人の多様化は目を見張るものがあります。大手やベンチャー企業の求人は、多くが大都市圏や製造業が盛んな地域の企業が出したものでしたが、最近では長崎県といった地方都市のシステム開発企業などが求人を出しているケースも目立ちます。自動運転市場の裾野が広がっていることを反映していると言えるでしょう。MaaS関連求人では、「物流×MaaS」「観光×MaaS」というように、MaaSと他分野を絡めた事業に関する求人案件が増えてきている印象です。MaaSは移動の最適化や移動のサービス化を促す取り組みであり、こうした他分野とのマッシュマップは今後も増えてくるものと思われます」

とのコメントを寄せている。

全てのコメントを見る