【無料セミナー】「自動車DXサミット 2023」申込受付中、9月6日開催 日産・デンソーの事例紹介<PR>

キーワード :
, ,
自動車産業の「人材不足」「技術伝承」といった課題解決にDXを活用した事例を紹介する無料オンラインセミナー「自動車DXサミット2023」(MONOist主催、メディア・ヴァーグ共催)が2023年9月6日に開かれる。日産やデンソーの取り組み事例紹介などがある。

セミナーは2つのセクションで構成

 自動車産業のさまざまな課題をデジタルトランスフォーメーション(DX)によって解決した事例を紹介する無料オンラインセミナー「自動車DXサミット2023」が2023年9月6日に開かれる。自動車業界をはじめとする製造業、運輸交通業界、交通政策や企業活動に関心のある自治体・団体の関係者に向けた催しで、アイティメディアが運営するモノづくりスペシャリストのための情報ポータルサイト「MONOist」主催、交通・運輸・モビリティ産業の最新ビジネスニュースを届けるサイト「Merkmal」を運営するメディア・ヴァーグ共催。参加者を募集している。

「自動車DXサミット 2023」が2023年9月6日に開かれる
「自動車DXサミット 2023」が2023年9月6日に開かれる

 自動車DXサミット2023は、自動車産業における「人材不足」「技術伝承」「業務効率化(SaaS)」など課題解決のために活用されたDXの事例を取り上げ、DXを推進するためのテクノロジー、DX導入における注意点などについて受講者に伝えるオンラインで実施されるセミナー。2つのセクションで構成されている。

 セクション1は「人材不足/省人化/効率化課題の解決」をテーマに、デンソーのモビリティエレクトロニクス事業グループ ソフトウェア改革推進室シニアアドバイザーの矢野健三氏が基調講演。「デンソーが考える未来のモビリティ社会と人材育成」と題して、同社が電動化や自動運転などの先進技術開発を通してクルマの進化と新たなユーザー価値創出を目指していることや、それらの実現の鍵を握るソフトウェア分野で求められる人材を育成する戦略について紹介する。

 セクション2「自動車業界のDX ~CASEがもたらす自動車業界の未来~」の基調講演では、「ニッサン インテリジェント ファクトリー ~生産現場DXによる次世代のクルマづくり~」と題して、日産自動車の車両生産技術開発本部 生産技術研究開発センター部長、住真夫氏が登壇。高度な知能化・電動化・コネクテッドなど、クルマの機能や構造の複雑化が急速に進む中、次世代のクルマづくりとして、DXによる品質担保やトレーサビリティ強化、匠(たくみ)の技のロボットへの伝承など、「アリア」の量産で実現した革新的な生産システム「ニッサンインテリジェントファクトリー」を紹介する。

「自動車DXサミット2023」は9月6日13時~16時30分開催。参加費は無料で、申し込みの締め切りは9月6日14時となっている。

「自動車DXサミット 2023」
https://v2.nex-pro.com/campaign/57887/apply

全てのコメントを見る