最短15分でカーシェア利用可 「タイムズカー」新入会受付けサービスを開始

キーワード :
,
タイムズモビリティは22日、入会受付けサービス「スグ乗り入会」を開始した。入会申込みから最短15分で車が利用できるサービス。現在はiOS版のみ対応で、Android版対応は6月下旬を予定している。

入会申込みから最短15分で利用可

カーシェアリングサービス「タイムズカー」(画像:タイムズモビリティ)
カーシェアリングサービス「タイムズカー」(画像:タイムズモビリティ)

 駐車場最大手のパーク24のグループ会社・タイムズモビリティ(東京都品川区)は4月22日、カーシェアリングサービス「タイムズカー」で、入会受付けサービス「スグ乗り入会」を開始した。

 スグ乗り入会は、入会申込みから最短15分で車が利用できる。ウェブサイトの専用ページで入会申込み後、

・運転免許証と顔写真を専用ページにアップロード
・必要事項を入力

すると、入会審査が開始する。

 審査の間にタイムズカーアプリ(iOS版)をダウンロードすると、審査完了後、すぐにタイムズカーを利用できる。

 これにより、車が急遽必要になった際にすぐに利用できるようになる。Android版対応は6月下旬を予定しているほか、個人会員向けの他プランでも、本サービスの入会対応の検討を進めている。

 なおアップロードする運転免許証の記載住所が現住所と異なる、また免許証情報が更新されていない場合はサービスの対象外となる。