社用車の「プライベート利用」防止にも 社員の走行ルートを把握する企業向けアプリ無料提供へ

キーワード :
, ,
社用車の運転速度・位置・方向を自動解析し、社内で情報共有できる企業向け無料アプリが2022年4月に登場する。

現在地、訪問先、安否確認も

社用車を運転する会社員のイメージ(画像:写真AC)
社用車を運転する会社員のイメージ(画像:写真AC)

 交通安全に向けた事業を展開するジェネクストは、完全無料の企業向け運行管理スマホアプリ「AI-Contact フリート」を2022年4月6日(水)から提供開始すると発表した。

「春の全国交通安全運動」初日のリリースとなる。アプリは、Google Playストア(Android版)から無料でダウンロード可能で、iOS版は2022年5月上旬にリリース予定。

 同アプリは、スマホで取得した走行データと、全国の標識情報データベースを照合させることで、交通違反を可視化する仕組み。2018年からサービスを開始しており、全国100社超が導入している。

 同社によると、すでに活用している企業では、例年40件以上あった事故が0件になったり、自動車保険料が1億円以上のコストカットにつながったりなどの効果を上げているという。