マイカー処分で「最大12万円」のボーナス! 気候危機に取り組むベルギーの奇策とは【連載】牧村和彦博士の移動×都市のDX最前線(5)

キーワード :
, , , , ,
2021年1月からまち中を最高速度30km/hとし、1年後には大幅に重大事故削減を実現した話題の都市、ベルギーの首都ブリュッセル。2022年1月からは24歳未満は何と年間12ユーロで公共交通乗り放題を始めた。そして今度はマイカーを手放した人には、ボーナスがもらえるという驚きの環境政策を3月7日から刷新したようだ。

かゆいところに手が届いてこその変革

ブリュッセルの街並み(画像:pixabay)
ブリュッセルの街並み(画像:pixabay)

 ちなみに、ブリュッセルには九つほどのルート案内アプリが存在しており、グーグルマップやシティーマッパーのようなグローバルなアプリだけではなく、MaaS専用アプリ、交通事業者アプリなどのご当地のアプリなど様々だ。

 それぞれに個性があり、相談者に合ったサービスをお勧めしてくれることだろう。

 顧客中心、市民本位のサービスが大切と言われて久しい中、ブリュッセルの気の利いた、かゆいところに手の届くデジタル時代の新事業。日本でも、高齢者の事故対策や免許返納政策の一つとして、また自治体のDX事業として、挑戦してみてはどうだろうか?

全てのコメントを見る