マイカー処分で「最大12万円」のボーナス! 気候危機に取り組むベルギーの奇策とは【連載】牧村和彦博士の移動×都市のDX最前線(5)

キーワード :
, , , , ,
2021年1月からまち中を最高速度30km/hとし、1年後には大幅に重大事故削減を実現した話題の都市、ベルギーの首都ブリュッセル。2022年1月からは24歳未満は何と年間12ユーロで公共交通乗り放題を始めた。そして今度はマイカーを手放した人には、ボーナスがもらえるという驚きの環境政策を3月7日から刷新したようだ。

市内公共交通が“乗り放題”に

ブリュッセルの街並み(画像:写真AC)
ブリュッセルの街並み(画像:写真AC)

 申請方法も至ってシンプルだ。

 ナンバープレートを返却してから半年以内にインターネットの窓口から申請する。受け取ったボーナスは、地域のエコな交通手段に利用でき、自分のライフスタイルに合った複数のパッケージを予算内まで申請、交換できるようになっている。

 選べる交通手段のメニューは多彩だ。公共交通乗り放題サービス、自転車シェアリング乗り放題サービス、自転車購入サービス、カーシェアリング乗り放題サービス、タクシー利用券、そして企業向けのMaaS(複数手段がパッケージされた乗り放題サービス)など、至れり尽くせりのメニューを用意している。

 ボーナスの予算内で交換でき、余った金額は市に返却する。

 例えば、公共交通の年間定期は499ユーロ(約6.6万円、※)、自転車シェアリングは年間35.7ユーロ(約4700円)、カーシェアリングは2年間で200ユーロ(約2.6万円)、タクシーや配車サービスは200ユーロまで使える利用券など、市内のモビリティ資産を自分の好みで最大900ユーロまでパッケージできるという驚きの仕組みとなっている。

※ただし年齢や条件などで様々な割引あり。例えば65歳以上は年間65ユーロ、12歳未満は無料ほか。

全てのコメントを見る