最近よく聞く「MaaS」ってなに? 東急のMaaS戦略担当課長に聞いた 東急がする意義

キーワード :
, , ,
最近よく耳にする「MaaS」という言葉。いったいどんなものか、それでなにが変わるのか、東急のMaaS戦略を担当している森田課長に聞いた。「MaaS」には社会的な意義、そして「東急」という会社がやる意義があった。

なぜムーブメントが起きているのか

「Izuko」実証実験フェーズ2、フェーズ3のサービスエリア(画像:東急)。
「Izuko」実証実験フェーズ2、フェーズ3のサービスエリア(画像:東急)。

――いま「MaaS」という言葉をよく耳にしますが、なぜそういうムーブメントが起きているのでしょうか?

「MaaS」は交通分野だけでなく、まちづくり、観光、医療、物流、自動運転、エネルギー、5G、ecoといった、いろいろな産業などが関係します。そこにビジネスチャンスが存在すると考え、非常に幅広い産業の人から注目されている、というのはあるでしょう。

※ ※ ※

 東急とJR東日本、伊豆急が行っている「Izuko」は「観光型MaaS」と呼ばれるものだが、東急はこのほか、たまプラーザ駅(横浜市青葉区)周辺で通勤など日常性の高い「郊外型MaaS」の実証実験も行っている。

 話を聞いた東急の森田課長によると、まだ実際に案内所から人がいなくなるなどして困っていないせいか、「MaaS」について、ピンとこない人が圧倒的多数という印象とのこと。

 また森田課長自身も、2018年3月に東急電鉄の野本弘文社長(当時)から「MaaS」の命を受けた際は「聞いたこともなければ興味もなかった」そうだが、現在はその社会的意義、東急がそれをやる意義を感じているそうだ。

 なお2020年11月16日(月)より、観光型MaaS「Izuko」の実証実験フェーズ3が始まる予定。サービスエリアが伊豆から静岡空港へと大きく広がっている。(提供:乗りものニュース)