江戸を支えた水の道! 「利根川水運」の興亡と商業革命とは【連載】江戸モビリティーズのまなざし(22)

キーワード :
, ,
利根川水運は、農産物や一般商品を安価で運び、江戸へと供給した。江戸時代の交通・運輸の中心地として、利根川は重要な役割を果たした。

江戸経済の牽引力

利根川の下流沿いにある息洲(息栖)明神(奥に見える鳥居/茨城県神栖市)の前を通る高瀬舟(画像:利根川図志/国立公文書館)
利根川の下流沿いにある息洲(息栖)明神(奥に見える鳥居/茨城県神栖市)の前を通る高瀬舟(画像:利根川図志/国立公文書館)

 今回は、江戸の経済発展に大きく貢献した「利根川水運」の役割や運航システム、水運に従事していた人々の仕事や暮らしなどを見ていきたい。

 利根川は群馬県に水源を持ち、関東平野を西から東へと縦断する日本最大級の河川だが、16世紀末までは現在と違った流路だった。

 かつては群馬から南東に向けて流れ、東京湾に注いでいた。だが、江戸時代初期から複数回にわたって大規模な河川改修事業を行い、川の締め切りや流域の開削を繰り返し、順次東へと流路を移し替え、人工的に千葉県の銚子に注ぐルートへと変えたのである。

 本流を東に移動させたこの一大事業を「利根川東遷」といい、完成は1654(承応3)年だった。

 東遷の目的は、江戸周辺の低地が洪水の被害を受けやすかったため、水害を防止することにあった。流路変更は下流域の治水に効果をもたらし、新田開発が盛んに行われ、農地と食糧生産も増加した。

 さらに、利根川を使った巨大な交通網も、関東平野に形成された。その結果、江戸は人口100万人といわれる、世界有数の巨大都市へと成長していく。利根川水運が江戸発展に寄与した役割は、計り知れなかった。

 しかし、ひと口に水運といっても、どこを拠点に、誰が、どのような働き方で担っていたかは、あまり知られていない。そこで「どこ」「誰」「どのように」に焦点を絞り、利根川水運の特徴を見ていきたい。

水運の拠点だった「河岸」

1843(天保14)年制作の農書『老農夜話』には、どこの河岸か特定できないが船で運ばれてきた米俵を米蔵に搬入する場面がある(画像:東京大学史料編纂所)
1843(天保14)年制作の農書『老農夜話』には、どこの河岸か特定できないが船で運ばれてきた米俵を米蔵に搬入する場面がある(画像:東京大学史料編纂所)

 まず、「どこで」――水運の拠点は河岸(かし)だった。

 河岸とは川の湊(みなと)のことで、船の発着場や荷揚げ場などを備えていた。河岸の呼称は信濃では「河戸」(かわど)、大坂の淀川では「浜」など、さまざまだったという(『河川に生きる人びと 利根川水運の社会史』川名登/平凡社)。

 1690(元禄3)年に作成された『河岸々々運賃諸改帳』では、利根川の本流だけで大小約80近い河岸が確認できる。しかもこれらは本流沿いのみであり、支流まで含むと、どれだけの数か正確にわからない。

 河岸から各地に搬送される物資は、当初は米俵だった。各地で徴収された年貢米を、河岸から搬出し船に載せたのである。したがって利根川の主要な河岸には、米蔵が建っていた。

 一方、利根川の河口が千葉県の銚子にあった関係で、東北諸藩が幕府に納入する米が太平洋を南下し、銚子に集まった。そこからさらに利根川をさかのぼり、江戸へと運ばれたのである。

全てのコメントを見る