トラック運転手は中高年「第二の人生」にベストな職業か? 部長職からドライバーに転身「収入減ったが、楽になった」という現実、若手確保が無理なら逆転発想だ

キーワード :
, ,
トラックドライバーの高齢化が課題となっている。だからこそ、若手ドライバーの育成ではなく、逆転の発想で「ドライバー=40代以上のセカンドキャリア」というアピール方法もありではないだろうか。

キャリアパスの不透明感

物流トラック(画像:写真AC)
物流トラック(画像:写真AC)

「現役ドライバーの約半数が50代以上で、30代以下は2割強しかいない」

この現実ゆえ、運送業界では若手ドライバーの採用と育成が急務とされている。しかし、若手ドライバーを増やそうにも、なかなか結果が出ない。

・免許制度の壁
・全産業に比べ、収入が低く、労働時間が長い。
・他の人気産業に比べ、就労環境が見劣りする。
・キャリアパスが不透明。

特に最後の課題は悩ましい。

「自動運転とか無人運転って、いずれ実現しますよね。そのとき、僕たちの仕事はどうなってしまうんですか……」

これは先日、20代のドライバーに受けた質問である。誤解している人もいるのだが、自動運転トラック・無人運転トラックが社会実装されたとしても、有人運転トラックが絶滅することはない。そもそも、

「どんな場所でもどんな状況でも走行できる無人運転トラック」

については、社会実装の目標すら掲げられていない(高速道路における自動運転トラックは、2025年度を実現目標に掲げている)。

 とはいえ、20代であれば、人生のどこかで自動運転トラックは実現するだろうし、無人運転トラックも実現する可能性が高い。そうなれば、トラックドライバーという働き方に変化が訪れる(少なくとも今と同じ働き方はありえない)ことは確かだ。

 自動運転トラックが実現し、さらに後年、無人運転トラックが実現した社会における、ドライバーのキャリアパスはあいまいなままだ。わかりやすく、かつ納得感のある若手ドライバーにおけるキャリアパスを示さない限り、若手ドライバーが大幅に増加する見込みはない。

全てのコメントを見る