視覚障害者が「旅先の風景」を楽しむ時代へ ANAなどの実証実験、画期的な中身とは

キーワード :
, , , , , ,
ANAや損害保険ジャパン、プライムアシスタンスなどが2022年2月に行った視覚障害者向けの移動サポート実証実験。誰もが自由に移動を楽しむ社会の実現へ、その取り組み内容をリポートする。

自宅から目的地まで ユニバーサルな移動

歩行ナビゲーションシステム「あしらせ」利用風景。デバイスを靴に装着し、靴の中での振動により、聴覚を邪魔せずに視覚障害がい者を誘導する(画像:損保ジャパン)
歩行ナビゲーションシステム「あしらせ」利用風景。デバイスを靴に装着し、靴の中での振動により、聴覚を邪魔せずに視覚障害がい者を誘導する(画像:損保ジャパン)

 ANA、横須賀市、損害保険ジャパン、プライムアシスタンス、Ashirase、ANAウィングフェローズ・ヴイ王子(AWO)は2022年2月21日(月)、視覚障害者向け移動サポートの実証実験を横須賀市内で実施した。

 今回の実証実験では、視角障害者向けとして地図に代わる新たなナビゲーションサービスの構築を目指し、併せてUniversal MaaSとして提供されているさまざまなサービスとの連動/連携を確認することを目的とする。

 Universal MaaSとは、障害者、高齢者や訪日外国人など、何らかの理由により移動にためらいのある人々(移動躊躇層)が、快適にストレスなく移動を楽しめるサービスのことを指す。交通事業者、自治体、大学の連携により、シームレスな移動体験を実現することを目的としている。

 当実証実験の核となっているのは、自宅・会社から行き先まで全旅程の一括検索や、航空券、ホテルを予約できるサービス「ANAそらたび検索」。実験ではこのサービスにおける徒歩区間の移動を、歩行支援システムの「アイコサポート」や「あしらせ」と連携させ、視覚障害者の自立的移動をサポートする。

 また、21年9月に社会実装したUniversal MaaSのバリアフリー地図/ナビに、横須賀市が提供する道路工事情報や歩道橋のエレベーター稼働情報を付加し、障害者本人だけでなく「アイコサポート」のオペレーターや「あしらせ」のナビゲーションとの連携の可能性も検証も行った。

 プライムアシスタンスによる「アイコサポート」は、専門の遠隔オペレーターが視覚情報を声で伝えるサポートサービス。またAshiraseの「あしらせ」は、靴に取り付けたデバイスとアプリをBluetooth接続し、ユーザーの動作情報をもとに振動で進むべき方向を案内するナビシステムだ。