渋滞の事故リスクは、いつもの「40倍」以上! ベストな回避術は何か

キーワード :
, ,
NEXCO中日本管轄の高速道路でリニューアル工事が進行中。渋滞時の死傷事故率は非渋滞時の最大40倍である。渋滞回避には事前情報収集やETC2.0、プローブ情報の活用が有効。自動運転技術の進化で渋滞は将来的に解消される可能性がある。

渋滞と事故

渋滞中の高速道路(画像:写真AC)
渋滞中の高速道路(画像:写真AC)

 NEXCO中日本管轄の高速道路においてリニューアル工事が行われている。中央道、名神、長野道、東名などの各高速道路は通年で工事が進行中だ。工事の影響で渋滞が発生すると事故が起きる可能性もあり、渋滞情報から目が離せない状況である。

 内閣府が発表した2022年度の交通安全白書によれば、高速道路における事故類型別の事故発生割合は、車両相互事故が全体の92%を占めている。そのうち追突が

「72.0%」

とダントツで多い。法令違反事由も前方不注意と動静不注視で合わせて67.1%と過半数以上だ。低速域での事故が顕著に多いことが分かる。

 また、阪神高速道路の「阪神高速道路の交通安全対策 第3次アクションプログラム2017‐2021」には、阪神高速道路における渋滞時の事故リスクは

「非渋滞時の8倍」

と報告されている。NEXCO西日本も2024年3月27日のニュースリリース内で、渋滞発生時の死傷事故率は非渋滞時の

「40倍」

としている。このように危険と隣り合わせな渋滞は積極的に回避したいところだ。

全てのコメントを見る