秋葉原がもはや「オタクの聖地」ですらなくなった根本理由

キーワード :
,
秋葉原はオタク文化の聖地として認知されつつあるが、近年、個人経営の専門店が減少し、チェーン店や大衆向けの商業施設が増加するなかで、その独自性や魅力が薄れつつあるとの指摘もある。

秋葉原の歴史

秋葉原(画像:写真AC)
秋葉原(画像:写真AC)

 秋葉原は「オタクの聖地」として世界的に知られている。しかし、聖地は衰退の危機に直面している。人通りは多いものの、「オタク文化に漬かっているが、秋葉原には足を運ばない」という意見がネット上には多く見られる。その理由は何だろうか。まずは、秋葉原がオタクの聖地となった経緯を見てみよう。

 秋葉原がオタクの聖地と化した背景を探る上で欠かせないのが、2003(平成15)年に刊行された建築学者・森川嘉一郎氏の著書『趣都の誕生 萌える都市アキハバラ』(幻冬舎)だ。このなかでは、その成立が詳しく語られている。

 現在に至る街の歴史は、太平洋戦争後から始まる。その頃、秋葉原の近くに電機工業専門学校があり、そこの学生がアルバイトで始めたラジオの組み立て販売が大当たりしたのが、ひとつのきっかけとなり、ラジオ部品などの露店が軒を連ねる「電気街」が誕生した。

 その後、1980年代までは家電製品の一大集積地として栄えたが、1990年代に入り大型量販店の台頭で次第に衰退。代わって台頭したのがパソコン関連の店舗だった。これを契機として、家族連れで家電製品を買いにきていた客層が、だんだん男性中心に移行したとされる。森川氏は、1990年代の

・オタク文化の台頭
・科学技術への幻滅

が秋葉原の変貌を後押ししたと分析する。

 森川氏の説によると、本来のオタクとは、科学技術に憧れ、明るい未来を夢見ていた人たちである。しかし、1970年代以降、科学技術が明るい未来をもたらすという期待は急速に失われていった。その頃、特撮や漫画、アニメは、そんな夢を失った人たちが「代償」として楽しんでいた。彼らはコンピュータにも親和性が高く、パソコン関連ショップが集積していた秋葉原は次第にオタクの街となっていった。

 大きな転機となったのは、1995年に放映されたアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』である。エヴァンゲリオンブームの直後、海洋堂が秋葉原に店舗を構えたのを皮切りに、オタク向けの店舗が次々とオープンした。こうして秋葉原はオタクの聖地として誕生した。

全てのコメントを見る