買い物難民を救え! 災害時に力を発揮する「路線バス戦略」をご存じか【リレー連載】やるぜ、能登復興。(3)

キーワード :
, ,
2024年1月に発生した能登半島地震は交通網に大打撃を与えたが、復旧したときの交通戦略が重要だ。高齢者や障がい者の支援には「客貨混載バス路線」が有効であり、平時には収益を上げ、災害時には物資や人を運ぶことができる。

震災後の新たな交通戦略

路線バスのイメージ(画像:写真AC)
路線バスのイメージ(画像:写真AC)

 2024年1月に発生した能登半島地震は、交通網に大きな打撃を与えた。交通網が打撃を受けると、人々の生活にさまざまな問題が生じる。交通インフラの復旧が最重要課題であることはいうまでもない。

 しかし、交通インフラが整った後、今後どのような交通サービス戦略を描くべきかが大きな問題となる。例えば、遠方から大量の物資が届けられた場合、増え続ける高齢者がそれを受け取りに行くのは至難の業である。

 また、高齢者や障がい者のなかには持病を持つ人も多く、優先的に医療機関に行って薬をもらわなければ命に関わることもある。大地震の後では、スーパーや商店街がそもそも機能しなくなる可能性もある。つまり、“買い物難民”がたくさん出てくるのだ。こうした状況を総合的に考えると、

「貨客混載型の路線バス」

を多数用意しておく意義は大きい。平時は、人とモノを同時に運ぶことで収益を上げる手段として使える。また、折り返し時間や停車中に買い物ができるようにすることもできる。買い物バスは、まさにこのように運行されている。

全てのコメントを見る