「駅の発車メロディ」は町おこしになる? 利用客には日常でも、ファンには“特別感”という事実【連載】移動と文化の交差点(5)

キーワード :
, , ,
最近、SNSや動画共有サイトでファンが各駅の駅メロを紹介し合うなど、一種の「ミュージックツーリズム」が注目されている。

SNSで広がる駅メロ人気

茅ヶ崎駅(画像:写真AC)
茅ヶ崎駅(画像:写真AC)

 近年、駅の発車メロディー(駅で列車の出発を告げるメロディー)や接近メロディー(駅で列車の接近や通過を知らせるメロディー)が増えており、これらは一般に“駅メロ”と呼ばれる。

 特に最近では、SNSや動画共有サイトでファンが各駅の駅メロを紹介し合うなど、一種の

「ミュージックツーリズム」

として注目されていると筆者(増淵敏之、文化地理学者)は感じている。ミュージックツーリズムとは、音楽ファンや地域住民が音楽を楽しみながら交流し、その土地ならではの文化や歴史などを体験することだ。

 日本では、歌詞に地名や場所を具体的に盛り込んだり、連想させたりする歌を「ご当地ソング」と呼ぶことがある。かつては音頭や小唄が観光の一環として“新民謡”として流通したが、現代ではアーティストやクリエイターの感情がより反映されるようになっている。

全てのコメントを見る