前年比30%増! 「自転車盗難事件」が急増している2つの理由 しかも、鍵をかけたほうが戻ってこない逆転現実

キーワード :
,
警察庁が発表した最新の犯罪統計資料によると、2023年の自転車盗の認知件数は16万4180件であった。これは前年比で3万5297件、率にして27.4%の大幅な増加である。

無施錠自転車の被害

自転車(画像:写真AC)
自転車(画像:写真AC)

 自転車盗難が急増している――。

 警察庁が発表した最新の犯罪統計資料によると、2023年の自転車盗(じてんしゃとう。自転車の窃盗を行う犯罪)の認知件数は16万4180件であった。これは前年比で3万5297件、率にして27.4%の大幅な増加である。1日あたりの発生件数に換算すると約450件。10分ごとに1件のペースで自転車が盗まれている計算だ。

 平成期後半から令和初期にかけて、自転車盗は一貫して減少傾向にあった。ところがコロナ禍の影響で減少していた自転車盗難が、2022年に入り再び増加に転じた。2022年には12万8883件と、前年比で2万件以上も増加した。

 この自転車盗難のなかで特に問題なのが、

「無施錠の自転車」

の被害だ。警察庁の資料では2022年までのデータを分析しているので、それをもとに解説しよう(最新版は『令和4年の刑法犯に関する統計資料』)。

 2022年に発生した12万8883件のうち、実に8万2113件が無施錠の自転車であり、全体の63.8%を占めている。一方、施錠していた自転車の被害は4万6770件で、36.2%にとどまる。

 つまり、自転車盗難の約3分の2は無施錠が原因で発生しているのだ。この傾向は近年に始まったことではない。2013(平成25)年から2022年までの10年間を見ても、無施錠自転車の被害割合は常に60%前後で推移している。無施錠の自転車が狙われやすいという構図は、長年変わっていないのだ。

全てのコメントを見る