公共交通の活用が「マイカー社会」より遥かに安上がりなワケ その上“おまけ”も盛りだくさんだった!

キーワード :
, ,
公共交通機関の利用は、ハンドルを握って常に緊張を強いられる自家用車での移動よりも利点が多い。しかし、この事実はまだあまり知られていない。

クルマ所有の負担感

公共交通(画像:写真AC)
公共交通(画像:写真AC)

 クルマ社会より「公共交通中心の社会」のほうがメリットは大きいのではないだろうか――。ソニー損保が2023年7月に発表した「全国カーライフ実態調査」によると、回答者の多くが、マイカーを維持するための費用になんらかの負担を感じていることが明らかになった。

 調査によれば、クルマの諸経費で負担に感じるもののトップは「自動車税」(68.6%)だ。次いで「ガソリン代・燃料代」(66.4%)、「車検・点検費」(61.0%)、「自動車保険料」(51.3%)と続く。いずれもクルマを所有する上で避けては通れない支出項目だ。

 特に深刻なのがガソリン代だ。「ガソリン代・燃料代」を負担に感じる人の割合は、2021年の54.0%から2022年は68.1%へと急増。2023年も66.4%と増加傾向にある。ウクライナ危機や円安の影響でガソリン高が続いており、ドライバーの家計を直撃しているのだ。

 そもそもマイカーを所有し利用している人は、年間でどれほどの支出をしているのだろうか。「全国カーライフ実態調査」では、

「平均月額1万3500円」

だとしている。ただ、これは保険料、ガソリン代・燃料代、駐車場代、修理代等の総額だ。実際には、これ以外にも税金などさまざまな費用がかかる。

 クレジットカードを運営する三菱UFJニコスのウェブサイトでは、自動車の維持費は主に

・税金
・保険料
・メンテナンス費
・走行に必要な費用

の大きく四つに分けられることを説明し、これらを総合した軽自動車、小型自動車、普通自動車の年間維持費の目安は以下の通りだとしている。

・軽自動車:約37万~44万円
・小型自動車(1.3t):約44万~53万円
・普通自動車(1.9t):約52万~61万円

月額に換算すると、

・軽自動車:約3万1000~3万7000円
・小型自動車(1.3t):約3万7000~4万4000円
・普通自動車(1.9t):約4万3000~5万1000円

となる。日々の走行距離の違いによるガソリン代、地域による駐車場代の違いなどはあるが、いずれにしても、マイカーは、自由な移動できる反面、

「それなりの負担」

が強いられることは確かだろう。

全てのコメントを見る