横浜市営バスも次々減便! ドライバー不足という名の「猛毒」は、ついに日本の“中枢”まで入り込んできた【連載】ホンネだらけの公共交通論(6)

キーワード :
, , ,
横浜市は4月22日から平日の市バスを77本減らすと発表した。日本全国でバス業界そのものが危機にひんしている。

バス業界、再び騒然

路線バス(画像:写真AC)
路線バス(画像:写真AC)

 またバス業界が騒然としている――。横浜市が本日(4月22日)から市営バスの平日運行本数を77本減らすと発表したからだ。減便するのは保土ケ谷営業所(保土ケ谷区)が運行する12路線である。

 バス利用者の減少は1985(昭和60)年ごろから続いていたが、モータリゼーションの進展により営業収入が減少し、結果、バスドライバーの給与は他産業に比べて低くなっている。

 そして人材不足はバス業界にとって“猛毒”となり、ドライバーの離職率と新規採用者数は減少の一途をたどった。新型コロナは在宅勤務の普及と定期券収入の激減を招き、バス業界そのものが日本全国で危機にひんしている。

 加えて、バス業界は「2024年問題」で、バスドライバーの働き方改革となるが、退社から出社までのインターバルをこれまでの8時間から最低9時間、推奨11時間に延長することを迫られている。

 重要な朝7時~9時の運行を維持しようとすれば、夕方以降のラッシュ運行本数を減らさざるを得ない。今後、減らして対応するのか、新たな労働力の確保などで運行本数を維持するのかの判断が必要になる。

全てのコメントを見る