「エコ軍艦」続々 イギリスが進める“海軍の環境対応”最前線 船内の生活環境にも徹底

キーワード :
, ,
海運業界で環境に配慮した新造船が次々と登場するなか、イギリスは軍艦でこの動きを進めている。排出ガス中のNOxやGHGの低減だけでなく、船員の生活環境にまで、環境対応が徹底されてきている。

船舶の環境規制に対応した「軍艦」英に登場

イギリス海軍の哨戒艦「Tamar」(画像:イギリス海軍)。
イギリス海軍の哨戒艦「Tamar」(画像:イギリス海軍)。

 船舶の運航によってもたらされる大気と海洋の汚染を防ぐため、海運業界では環境に配慮した船型の開発や舶用機器の導入が進められているが、軍艦でも同様の動きがある。

 イギリス海軍は商船分野で先行している環境規制に適合した艦艇の新造整備に取り組んでおり、2020年にはNOx(窒素酸化物)の排出を大幅に削減する舶用SCR(選択的触媒還元法)システムなどを搭載するリバー級哨戒艦「Tamar」と「Spey」を竣工させた。建造中の26型(シティ級)フリゲートでは省エネ技術を活用したGHG(温室効果ガス)の排出削減など、さらなる環境性能の向上を図っている。

国際的なNOx規制に適合した艦

 国際海事機関(IMO)はMARPOL(海上汚染防止)条約に基づき、光化学スモッグや酸性雨、オゾン層破壊の原因であり、人体や植物に悪影響をもたらすNOxの排出規制を実施している。IMOによるNOx 3次規制(ティア3)では、排出規制海域(ECA)を対象に2000年比で80%の排出削減を要求しており、2016年には北米の指定海域で、2021年には北海とバルト海で規制が適用された。

 前出したイギリス海軍の「Tamar」と「Spey」は2隻ともに舶用SCRを搭載し、IMOのNOxティア3に適合している。舶用SCRは、NOxを含んだ排気ガスに尿素水を噴霧し、脱硝触媒を通過させることでNOxを無害な窒素と水に分解するシステムで、NOxの排出量を最大97%削減する。このため2隻は、常駐展開するインド・アジア太平洋地域で、北米ECAのような最も厳しい環境規制を遵守しながら運用できる。

 さらに船内のタンクに有害な水生生物や病原体、外来種を持ち込み寄港地で排出するのを防ぐため、バラスト水はUV(紫外線)照射方式のバラスト水処理装置(BWMS)で殺菌。船内のトイレで出るし尿は、バクテリアによって分解され、安全な水として海に排出される。