スイッチひとつでエンジン始動! 便利な自動車の「スマートキー」は将来消滅するのか?

キーワード :
,
現在では多くの新型車にスマートキーが搭載され、さまざまな便利機能が提供されている。しかしセキュリティー上のリスクも指摘されており、今後の動向が注目されている。

拡大するスマートキー市場

クルマのスマートキー(画像:写真AC)
クルマのスマートキー(画像:写真AC)

 クルマの進化は日々進んでいるが、そのなかでも注目されているのが「スマートキー」だ。かつては物理的なキーでドアを開けたりエンジンをかけたりするのが一般的だったが、現在では多くの新型車にスマートキーが搭載され、さまざまな便利機能が提供されている。

 モーターインテリジェンスの調査によると、「日本の自動車用スマートキー市場」は2020年から2025年にかけて年平均成長率

「12%以上」

で成長すると予測されている。

 また、グローバルインフォメーションが2023年7月に発表した調査リポート「自動車用スマートキーの世界市場 2023-2027」は、2022年から2027年までの世界のスマートキー市場の年平均成長率を

「4.62%」

と予測している。

 このデータは、スマートキーの利便性と将来の自動車技術における役割が消費者に広く受け入れられている証拠である。

 しかしその一方で、セキュリティー上のリスクも指摘されており、今後の動向が注目されている。そこで本稿では、スマートキーの現状と今後の展望について考察する。

全てのコメントを見る