下北沢の再開発は本当に正しかったのか? 新しい街が完成して1年半、今こそ「ノスタルジー」「思い出補正」を超えた議論が必要だ

キーワード :
, ,
2022年5月下旬に旧線路跡地を利用した大型開発「下北線路街」が完成してから1年半の年月が過ぎた。再開発は本当に正解だったのか。

下北沢再開発を評価する声

下北沢(画像:写真AC)
下北沢(画像:写真AC)

 下北沢再開発は、成功した部類だと評価する声が多い。

 ひとつ目は、線路で分断されていた街がつながることで、

「回遊性が拡大した」

ことだ。線路が地下化する以前は、駅の通路か踏切を利用せざるを得なかった。小田急線の列車の頻度からすると、当然開かずの踏切だったし、駅の通路も決して広くはなかったことから、線路をまたいで移動するにはハードルが非常に高かったのはいうまでもない。

 下北沢駅のランドマーク的な、あのごちゃごちゃしていた南口がなくなったのは残念であるが、スムーズに歩ける快適性は、通行者にとっても街にとってもうれしい限りだろう。もちろん、街がシームレスにつながるのは下北沢駅に限ったことではなく、線路を地下化あるいは高架化した鉄道路線全般にいえることである。

 ふたつ目は、下北線路街は、再開発の典型的な例であるオフィスビルやマンションを乱立させるのではなく、またいわゆる大手と呼ばれる店舗やブランドショップを排除した手法が評価されている。

 線路の跡地に登場した新しい街は、小田急電鉄が地域と対話しながら進めた、地域の特性を生かした

「サーバント・デベロップメント(支援型開発)」

にある。商店街や飲食店、広場はもちろん、映画館、シェアオフィス、ホテルや温泉旅館、私立の保育園、大学のオープンカレッジを組み合わせた複合施設など、多彩かつユニークな街に仕上がった。

 三つ目は、周囲の街になじんだデザインと色使いだ。

 下北線路街を世田谷代田に向かって歩いてみると、線路の脇に以前からあった建物や風景に意外となじんでいるように思える。建物が新しいのは仕方ないが、以前から存在していたような空間に仕上がっているのは、建物や道路、空き地の配置を工夫して、かつデザインと色使いに気を配った結果だろう。

全てのコメントを見る