ドライバーにカスハラしてどうする 「優れたサービス = 当然」という大きな勘違い、そもそも他者に“期待しすぎ”な現代人とは

キーワード :
, , , , ,
交通事業者は「移動の対価」として料金を受け取っているため、利用者とはギブ・アンド・テークの関係にあるはずだ。しかし、利用者の過度な「期待」によって、クレームやカスハラに悩まされている。

過度な期待の危険性

電車(画像:写真AC)
電車(画像:写真AC)

 ではどうすればいいのか。

 私たちはまず、日本で提供されているサービスが、「当たり前」ではなく、

「極めてハイクオリティー」

であることを意識しなければいけない。そして、このクオリティーは、サービス業で働く人たちの努力によって奇跡的に保たれているので、たまに崩れることがあっても仕方ない。

 いつもクオリティーが高いからといって、あまり過度の期待をしないことだ。そして自分が払った料金には、

・相手を服従させる対価
・傍若無人に振る舞う対価

も含まれないことを意識するべきだろう。

 そうしないと、宿泊施設や飲食店や公共輸送機関などで、モビリティライフに欠かせないサービスを提供してくれる人がいなくなってしまうかもしれない。

全てのコメントを見る