横断歩道の信号は「点灯時間」を延ばせるの? 素朴なギモンの答えとは

キーワード :
,
歩行者の安全には交通ルールを守る自己意識が重要だが、本稿では横断歩道信号機に焦点を当て、その歴史や「秒速1秒」の裏側、安全効果などについてリポートする。

横断歩道利用時の注意点

信号機(画像:写真AC)
信号機(画像:写真AC)

 横横断歩道信号機の点滅時間は「歩行者の安全を守るよう配慮されている」ことは事実だが、歩行者側にも守るべき交通ルールがある。

・横断歩道付近は横断歩道を利用する。
・道路を斜めに横断してはらなない(スクランブル交差点や障害物回避時などは除く)
・車両の前後を横断してはならない(横断歩道や信号機、警察官など指示がある場合は除く)
・道路標識により横断が禁止される道路は横断してはならない
・信号機の信号ルールに準じ、通行する

 警察官から上記のルールを指導されても守らない場合は、2万円以下の罰金または科料が科せられる。

 毎年、高齢者や小学生の歩行者事故が後を絶たない。日本の信号機や交通ルールは、過去の教訓に基づいて作られている。

・ドライバーの「歩行者優先意識」
・歩行者の「道路歩行中の交通マナー」
・横断歩道信号機などの「交通安全対策機器」

が整備され、安全な移動が可能となる三位一体の対策が安全な社会には必要だ。

全てのコメントを見る