鉄道テロ「車内監視カメラ義務化」で抑止になるか 小田急・京王事件 世界との違い

キーワード :
, , , ,
小田急線と京王線の列車内で殺傷事件が起きたことを受け、国は車内監視カメラの設置義務化などの対策を打ち出した。一方、世界を見れば、鉄道を標的としたテロが相次いでいる。世界と日本の鉄道テロ対策は根本的な違いがある。

小田急・京王事件 犯人に2つの共通点

2016年3月にブリュッセルの地下鉄で発生した爆破テロ後、駅を警備する兵士(画像:ロイター)。
2016年3月にブリュッセルの地下鉄で発生した爆破テロ後、駅を警備する兵士(画像:ロイター)。

 2021年は鉄道内での刺傷事件が世に大きな衝撃を与えた。小田急線と京王線の車内で、若い成人男性たちが無差別に乗客を刺し、多くの人々が負傷した事件だ。

 テロ対策研究上、2021年8月6日の小田急線殺傷事件、10月31日の京王線殺傷事件には2つの共通点があるといえる。まず、犯人による場所の選択である。小田急の犯人は事件直前、登戸駅から上り快速急行に乗車し、成城学園前と祖師谷大蔵駅の間で事件に及んだが、この快速急行は登戸から下北沢まで長い区間を走り抜ける。言い換えれば、長い時間、そこには閉ざされた空間が生じるのである。

 京王の犯人も調布から上り特急に乗車し、その直後に犯行に及んだ。特急は国領駅に緊急停車したが、京王線特急も調布から明大前まで長い区間を走り抜け、10分程度は止まらない。要は、両事件の犯人ともできるだけ多くの被害を出すため、あえて長い時間、閉ざされた空間が生じる速達列車を狙った可能性がある。

 もう1つの共通点は、犯行に及んだタイミングである。小田急の事件は8月6日、京王の事件は10月31日だが、前者は東京五輪の開催中、後者はハロウィーンの日であり、事件を起こせばメディアも注目するタイミングである。

 世界で起こるテロ事件で、実行犯が社会に恐怖心や不安を拡散させるべくタイミングを慎重に選ぶことは決して少なくなく、過去にオリンピックのタイミングでテロが発生したのも偶然ではない。小田急、京王事件の犯人とも、タイミングを意識して計画的に犯行に及んだと思われる。

 鉄道で立て続けに世間を驚かせる事件が続いたことで、国土交通省は12月、列車内の監視用カメラ設置を義務づける方針を明らかにした。これが、今後に現れる恐れのある模倣犯たちへ強い抑止になることが望まれるが、果たしてどれほど効果があるかは分からないのが現状だ。