タクシードライバーに“二種免許”は本当に必要か? 「ライドシェア解禁」「普通免許タクシー」議論で改めて問う

キーワード :
,
福岡市などは、普通免許でタクシーが運転できる制度の初導入を目指し、特区の設置を国に要望する方向で調整を進めている。乗客を乗せるタクシーを運転するには「第二種運転免許」が必要という常識さえ形骸化しようとしている。

個別免許の開設は1933年

タクシー(画像:写真AC)
タクシー(画像:写真AC)

 バス、タクシー、その他の旅客営業を運営するための個別の免許が初めて設けられたのは、自動車取締令の全面改正が実施された1933(昭和8)年である。

 その際、免許の種類のひとつとして「就業免許」が設けられた。これは、バスやタクシーなど一般市民が利用する車両のドライバーに与えられる免許で、現在の第二種運転免許に相当するものだった。

 しかし、この制度はわずか5年後の1938年に廃止された。その理由は、同年の内務省令第34号にこう記されている。

「一般公衆の乗用自動車利用に際し安全と便益とを与えんが為に設けられたるものなるも、斯る目的を達するが為の方法として稍過重に失するの嫌あるのみならず、警察事務を徒に煩雑ならしむるの結果を将来したるに因る(この制度の目的は、一般市民が乗用車を利用する際の安全性と利便性を提供することだが、その目的を達成するためには少々行き過ぎた方法であるばかりか、警察業務を複雑にしている)」(原文は平仮名部分をカタカナ表記)

当時は運転そのものが特殊技能であり、この制度は過剰な規制とみなされていたようだ。

 しかし、戦後になって状況は急変する。「神風タクシー」と呼ばれるタクシーが無謀な運転を始めたのだ。神風タクシーとは、スピード違反や赤信号無視を繰り返しながら客を拾い、歩合給を得るために回転率を上げようとするタクシーのことである。

 多くのタクシードライバーがこのような運転に走るようになった背景には、厳しい労働環境があった。戦時中の1939年、タクシー業界は大合併を行った。戦時中の1939年、タクシー業界は大合併を行い、個人タクシーや零細業者は大手タクシー会社に吸収されたのだ。

全てのコメントを見る