3連節バス「日本に合わない」は大間違い! 世界各地で大流行する納得の理由とは【連載】牧村和彦博士の移動×都市のDX最前線(14)

キーワード :
, ,
欧米や南米などで2連節バスは珍しくない。しかし日本は導入が遅々と進まない。一体なぜなのか。

海外で進む3連節バスへの移行

トラムと同じような座席のレイアウト(画像:牧村和彦)
トラムと同じような座席のレイアウト(画像:牧村和彦)

 このような日本を尻目に、都市の骨格を担う都市軸を再構築する動きが、大都市だけではなく地方都市でも活発だ。

 その主力として、海外では3連節バスへの移行や3連節バスを中心とした、地域交通のリ・デザインに取り組む都市が続々と現れているのをご存じだろうか。

 パンデミックが交通産業に与えた影響は大きく、今なお需要回復は道半ばだ。日本同様に運転手の確保も課題と聞く。欧米や南米で導入が進む3連節バスは、三つの車両をふたつの節で接続した車両であり、外観もトラムと引けを取らない洗練されたデザインばかりだ。

 地域創生の切り札として、世界中で次世代路面電車(欧州ではトラム、米国では次世代型路面電車(LRT)やライトレールと呼ぶ)の整備が進められきた。近年は、次世代路面電車よりも低コストで同様の輸送量や輸送サービスを担うことが可能な3連節バスに注目が集まっている。遠くからみるとトラムなのかバスなのか、一瞬では識別が困難なほどだ。

 例えば、フランスの地方都市メッス(都市圏人口23万人)は、今から10年以上前、2013年に定員155人乗りの3連節バスを導入した。地域交通全体の再構築と合わせ、街の骨格となるふたつの系統に30台弱の3連節バス(ベルギーの Van Hool 社製)が走行している。

 全長は24m弱であり、前後対象のデザインとなっている点もトラムを強く意識したものであり、座席は40席、立ち席が115、車いす用に2台分のスペースが確保されている。

 欧州では、一般的な低床の路面電車と同じような座席レイアウトが特徴だ。日本の路線バスでみかける全席前を向いている配置ではなく、意図的に向かい合う席を設けるなど、乗客同士のコミュニティー形成を意識し、乗車すること自体が楽しくなる仕掛けが満載だ。

全てのコメントを見る