ドイツのアウトバーンは「時速無制限の区間」があるのに、なぜ安心して走れるのか?

キーワード :
, , ,
ドイツのアウトバーンはスピードを出しているにもかかわらず、安心して走れる。なぜ安全なのか、その理由をひも解く。

ドイツ人の「順法精神」「思いやり」

左から「e-tron GT」、「Q8 e-tron」、「Q4 e-tron」(画像:武田信晃)
左から「e-tron GT」、「Q8 e-tron」、「Q4 e-tron」(画像:武田信晃)

 アウトバーンのカーブの曲線半径や勾配は、新東名高速道路に近い印象だ。右側通行の3車線が基本で、巡行速度的には、右から走行車線で80~120km(トラック、けん引車、遅め車が中心)、真ん中が130km前後で走る車、一番左は追い越し車線となっている。

 無制限速度区間での追い越し車線では、180km、200kmオーバーで走行するアウディやポルシェ、メルセデス・ベンツが走っているので、もしドライバーが左の追い越し車線を走っていても、右側の車を抜けば、すぐに真ん中の車線に戻り、後続車をブロックしないようにしている。追突されたら大事故のリスクもあるので、日本のようにずっと追い抜き車線を走り続けることはない。

 先日、関越道を東京方面に走っていたら、一番右の追い越し車線に車が最も多く走っており、後方から追いついた車に道を譲る気配はなかった。その結果、左隣の走行車線の流れがよかったが、ドイツではまずあり得えない。つまり、ドイツ人は、

・順法精神
・思いやり

を発揮することで、安全を保っていることになる。

 ドイツでアウディを取材していたとき、アウディの担当者が

「バックミラーにスポーツカーや高級車などが見えたら譲らなければならないという、ある種のヒエラルキー(階級)もあります。そして、高性能車は(追い抜きばかりすることにより)ほかの車に対して自分の後ろ姿を多く見せるので、テールのデザインが大事です」

と話していたのが印象的だった。

 筆者はアウディの「e-tron GT」を220km以上で追い抜き車線を走っていたとき、前方の車はすぐ右車線に移り、道を譲ってくれたことが多かった。「ヒエラルキーは本当だ」と実感した瞬間だった。ヒエラルキーはあまりいい意味ではないが、安全に寄与しているのだからよいことなのだろう。

 こういった複合要因がドライバーの気を引き締め、事故を減らすことにつながっていると感じた。

 メルセデス・ベンツが自動車業界における一種の業界標準となり、「ドイツ車は性能がよい」という好意的なイメージが世間に定着しているのは、速度無制限区間が存在することで、メーカーは何があっても安全なクルマを作らざるを得ないから――と感じた。

全てのコメントを見る