「集団就職」「就職列車」とは何だったのか? 地方の“口減らし”とその実態、昭和ノスタルジーに浸る令和時代に問い直す

キーワード :
,
かつて都会を目指す若者たちを運ぶために設定された就職列車。今では姿を消したが、一体どのようなものだったのか。集団就職とともに振り返る。

姿を消した就職列車

東京方面に就職するため集団就職列車で東京駅に着いた鹿児島県、熊本県の中卒者。東京・千代田区の国鉄東京駅。1967年3月19日撮影(画像:時事)
東京方面に就職するため集団就職列車で東京駅に着いた鹿児島県、熊本県の中卒者。東京・千代田区の国鉄東京駅。1967年3月19日撮影(画像:時事)

 今はその面影が薄れているが、上野駅は都会を目指す若者たちが最初に降り立つ駅である。

 かつて、井沢八郎が歌ったヒット曲『あゝ上野駅』(1964年)では「上野は俺らの心の駅だ」と歌われている。

 そんな昔を思い出すときに必ず話題となるのが、就職列車だ。都会を目指す若者たちを運ぶために設定された臨時列車である。

 今では姿を消した就職列車、そして集団就職とはどんなものだったのか。

初の集団就職は1935年

上野駅(画像:写真AC)
上野駅(画像:写真AC)

 就職列車とは、かつて盛んに行われた集団就職で都会に出る若者たちを運んだ列車である。

 そんな集団就職の最初の事例となったのは、1935(昭和10)年3月に凶作に見舞われた東北地方の救済策として秋田県で実施されたものとされている。その後の1939年4月、秋田発上野行きの「専用臨時就職列車」が運行されるに至った。

 このときに確立された集団就職の形態は、戦後間もない時期にもほとんど変わらず継続している。戦後の復興期にあって、地方は働こうにも仕事はなく、食うにも事欠く人たちにあふれていたからだ。他方、早期に復興した地域では労働力が求められていたのである。

 記録に残っているなかでは、1947年2月に秋田県から群馬県への集団就職する若い女性たちを引率したというものがある。これは、一般の列車を利用して引率していた。その後、1951年3月29日に戦後最初の集団就職列車、長野発名古屋・三重・京都・大阪方面行きの就職列車「織女星号」が運行されている。

全てのコメントを見る