羽田空港アクセス線が“呼び水”に? 一躍注目の「総武線・京葉線接続新線」、実現のキモは「MICEエクスプレス」だ

キーワード :
, ,
羽田空港アクセス線建設踏み切りを受け、総武線・京葉線接続新線がの早期実現の声がにわかに聞こえ始めている。

「国際競争力に資する」とのお墨付き

総武線(画像:写真AC)
総武線(画像:写真AC)

 昔から構想されながら一向に動きのない総武線・京葉線接続新線(総武・京葉短絡線)だが、JR東日本が羽田空港アクセス線(東京都心~羽田空港。2029年度開業予定)の建設にいよいよ踏み切ると、これに触発されるように短絡線の早期実現の声がにわかに聞こえ始めている。

 東京~千葉間を並走するJR総武線とJR京葉線の2路線を結ぶ新線で、短距離で連絡するため「短絡線」とも呼ばれる。総武・京葉両線は東京を出発後、千葉県船橋市辺りから2kmほどの間隔を保ちつつ、前者は千葉駅、後者は2駅先のJR内房線蘇我駅に到着し、この間の長さはざっと20kmにもなる。

 京葉線はもともと貨物専用線として計画されたがやがて旅客との兼用に変更され、1980年代に路線の大半が完成した頃から短絡線構想も持ち上がっていたようだ。

 ちなみに京葉線は二俣新町駅(千葉県市川市)付近で西船橋駅から南下して来たJR武蔵野線と連絡するが、武蔵野線と総武線は同橋駅で立体交差するだけで、残念ながら武蔵野線を介して総武・京葉両線がこの場所で連絡することは不可能だ。

 短絡線は国交大臣の審問機関、交通政策審議会が2016年にまとめた「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」の答申にも登場する。

「国際競争力の強化に資する」

として“お墨付き”を与えた22件の新線構想のうちのひとつで、建設が始まった羽田空港アクセス線や京浜急行の新(羽田)空港線(蒲蒲線)と同格の有望株でもある。

全てのコメントを見る