「スタッドレスタイヤ」は雪が降っていなくても早く装着すべき! いったいなぜなのか

キーワード :
, ,
冬場になったら、雪がまだ降っていなくても早めにスタッドレスタイヤに交換しておいた方がいい。その理由を解説する。

“氷上性能”が求められる

大事なのは道の上で事故を起こさないこと(画像:写真AC)
大事なのは道の上で事故を起こさないこと(画像:写真AC)

 スリップ事故を未然に防ぐため、スタッドレスタイヤへの換装が必要なことは先述した通り。では、スタッドレスタイヤならどれでもいいかといえば、そんなことはない。先の北海道警察による発表では、スリップ事故が発生しやすい危険地帯として「凍った路面」が紹介されている。つまり「雪上」ではなく「氷上」で性能を発揮するタイヤでなければ、スリップ事故対策の用をなさない可能性があるのだ。

 そこで、近年登場しているスタッドレスタイヤの氷上性能をチェック。数あるスタッドレスタイヤがあるなかでも、人気が高く普及している「ダンロップ・WINTER MAXX 02」と、性能に定評がある「ブリヂストン・ブリザックVRX3」を例に挙げて比較してみよう。

 まず「ダンロップ・WINTER MAXX 02」を紹介する。こちらは、新素材として「液状ファルネセンゴム」を採用。この材質はクラレが同タイヤ専用として開発した素材であり、低温下でもゴム特有の密着力と柔軟性を維持し、凍結した路面での食いつきを良くしている。

 次は「ブリヂストン・BLIZZAK VRX3」。ブリザックの最新モデルでは、旧モデル「BLIZZAK VRX2」よりもさらにグリップ力を向上させた「フレキシブル発泡ゴム」を搭載している。さらにトレッド表面に微妙な凹凸をつけることで、路面の水幕を除去する性能を持たせた。

 今回紹介したメーカーやブランド以外にも、氷上性能を追求したモデルは多数。選択肢はますます広がっている。

 さらに近年では、夏用と冬用を兼ねている「オールシーズンタイヤ」も登場。夏も冬も通して乗ることができ、履き替え作業がいらないという画期的なモデルだ。ただ本格的な積雪や路面凍結に対して、スタッドレスタイヤほどの高い性能を持っているとは言えない。ちょっとした雪ならともかく、凍った地面相手にはグリップ力が足りずに滑ることもあるだろう。

 やはり雪上もしくは凍結した路面を走行するのであれば、スタッドレスタイヤをおすすめしたい。

全てのコメントを見る