「スタッドレスタイヤ」は雪が降っていなくても早く装着すべき! いったいなぜなのか

キーワード :
, ,
冬場になったら、雪がまだ降っていなくても早めにスタッドレスタイヤに交換しておいた方がいい。その理由を解説する。

スタッドレスタイヤを早期装着しなければいけないワケ

雪道を走る時は必須のスタッドレスタイヤ(画像:写真AC)
雪道を走る時は必須のスタッドレスタイヤ(画像:写真AC)

 スタッドレスタイヤで乾燥した道路を走ると、ノーマルタイヤと比べて燃費が悪くなりやすいなどのデメリットがある。しかし世には、デメリットを押してでも早めに装着したほうがいいという意見も少なくない。その理由とは、いったいなんだろうか。

 よくちまたで聞く話には「慣らし運転をするため」というものがある。しかし近年のスタッドレスタイヤは性能が進化しており、新品の状態でも性能を発揮できる種類もある。どちらの情報を信用すればよいのだろうか。筆者はふたつの理由から、「慣らし運転は必要」であると言いたい。

 まず、ひとつ目の理由は、「タイヤ側の慣らし作業が必要であること」だ。新品のタイヤの表面には、製造工程でできる薄膜がある。この薄膜が原因で、雪上や凍結した路面の上ではタイヤの食いつきが悪くなり、氷上性能が落ちる。そのため、ある程度転がして剥がしておく必要がある。これがいわゆる「皮むき」と呼ばれる行程だ。

 もうひとつの理由として、ドライバー側の慣らしの必要性がある。サマータイヤとスタッドレスタイヤではゴムの硬さが異なるため、ステアリング操作を含めて感覚が若干変わる。サマータイヤと同じような感覚で運転してしまうとタイヤへの負担が大きくなり、トレッド摩耗が早くなってしまう。結果的に寿命が縮まってしまうのだ。

 スタッドレスタイヤを早めに装着すべき理由はほかにもある。ノーマルタイヤはたとえ雪が降っていなくても、気温がおよそ7度まで下がってしまうとゴム素材が硬くなってしまう。タイヤのグリップ力が弱くなり、タイヤ本来の性能を発揮しにくくなる。

全てのコメントを見る