JAL機の福岡空港「門限破り」 そもそも空港の運用時間「時代に合わない」の声も ダイバートを改めて考える

キーワード :
,
2月19日夜、東京(羽田)発福岡行きのJALのJL331便が、福岡空港の「門限」に間に合わず、着陸できないままUターンした。航空機が天候などを理由に、目的地を当初のところから変更するすることは、決して珍しくはない。

近年進む航空機のハイテク化

ILS高カテゴリー運航の概要(画像:国土交通省)
ILS高カテゴリー運航の概要(画像:国土交通省)

 着陸時の視界不良は雪の場合だけでなく、濃霧や強風などの場合にも起こりうる。

 国土交通省の資料によると、精密進入着陸を行う場合、それぞれのカテゴリーに応じた

・心高(着陸機が滑走路への進入継続の可否を判断する高さ)
・滑走路視距離(滑走路上を見通せる距離)

が、あらかじめ決められている。これは一般的に「カテゴリー運航」と呼ばれる。

 近年、航空機のハイテク化が進んでいる。これに伴い、ハイテク機は悪天候などに強いと言われている。

「門限」厳しい伊丹空港

福岡空港は大手航空会社からLCCまで発着数は終日多い(画像:シカマアキ)
福岡空港は大手航空会社からLCCまで発着数は終日多い(画像:シカマアキ)

 冒頭のJL331便がダイバートした件では、福岡空港の「門限」が大きくクローズアップされた。

 この門限とは、

「空港が定める発着(滑走路)の運用時間」

のことである。日本の多くの空港では、運用時間は実は24時間ではない。

 国内主要空港の運用時間は、次の通り。24時間運用でない最大の理由は、空港周辺に住宅地などがあり、航空機の騒音に配慮しているためだ。

・成田空港:6時~24時
・羽田空港:24時間
・中部国際空港(セントレア):24時間
・伊丹空港:7時~21時
・関西空港:24時間
・福岡空港:7時~22時

 特に厳しいことで昔から知られているのが、伊丹空港だ。“国内線のドル箱路線”と言われる羽田発伊丹行きは、全日本空輸(ANA)が19時発/19時15分発、JALだと18時50分発/19時発が最終便。搭乗客は都心にいた場合、遅くとも17時ごろには羽田空港へ向かう必要がある。

 両社のこの2便では、前便の到着遅れや整備などで出発時間が少しでも遅れそうになると

「関西空港へ向かう場合があります」

と、ことあるごとにアナウンスされる。特に平日は、乗客の大半が年間搭乗回数多めのビジネスパーソンで慣れている乗客も多い。地上係員や乗務員らもこの「門限」を熟知しており、なんとか間に合わせようという気概も伝わってくる。

 伊丹空港では20時を過ぎると着陸機が上空旋回して待機するのは日常茶飯事で、数分刻みで着陸と出発が絶え間なく続く。福岡空港もほぼ同様で、しかも滑走路が1本しかないため、発着便が集中する時間帯は特に混雑する。

全てのコメントを見る