運送会社が今こそ強化すべき「営業力」 あなたは、理不尽な荷主に「お断りします」と言えるか?

キーワード :
, , , , ,
「なぜ運送会社に営業担当者が必要なのか」、端的に言えば「無理難題を強要する荷主から逃れるため」である。仕事を選べない運送会社は、不平不満と行政処分への恐怖を抱えながら今の仕事を続けるしかない。

下請けで仕事得るも、続かず

倉庫のイメージ(画像:写真AC)
倉庫のイメージ(画像:写真AC)

 A社の2代目は困り果て、ある集まりで知り合った運送会社B社に救いを求めた。B社は中小企業ではあったが、運送業以外の子会社なども設け、人脈も広かったからである。

 A社はB社の紹介で、運送会社C社の下請けとして働き始めた。B社がC社との間に入るから、A社は3次請けになる。

 最初はおとなしく仕事をしていたA社だったが、そのうち不満を言い始めた。

 まず、運賃である。当然、C社、B社が中抜きをした後の運賃だから、決して高くはない。次に感じた不満は、仕事の内容だった。C社の仕事は手積み手卸しであり、それまでパレット輸送しかしてこなかったA社のドライバーたちから「キツイ」「しんどい」という声が上がり始めたのだ。

 A社の2代目は、B社、C社に不満を訴えた。

 C社は「そうは言っても、うちのドライバーたちは、普通に、そしてずっとこの仕事を続けているわけだし…」と困惑した。

 B社は中抜き金額を減らした。つまりA社への運賃をアップした上で、このように言った。

「そうは言っても、営業担当者がいないんだから、新たな仕事なんて見つけられないだろう? ドライバーたちにも会社の事情をあらためて説明して、もう少し頑張れよ」

 しかし、2代目は我慢できなかった。

 そこで、2代目は別の運送会社D社を連れてきて、自社の下請けとした。D社は4次請けになる。2代目は「しんどくて安い仕事なら、うちのドライバーにやらせずに他社に任せ、中抜きをすれば良い」と考えたのだ。

 そして、自社のドライバーには、別のパレット積みパレット卸しの仕事をさせ始めた。「運賃は安いけど、C社の仕事で中抜きした分を合わせれば売り上げは増える」と2代目は考えたのだ。

「仕方ないか…」。最初はA社の選択を黙認したB社、C社だったが、やがて問題が発生した。D社が商品事故(※貨物を破損する事故)を連発したのだ。

 D社に責任転嫁し続ける2代目の態度にあきれ、B社、C社はA社との縁を切った。

全てのコメントを見る