脱・車両メーカー? 三菱ふそう、米の配送計画システム販売 あらゆる物流車両にOK

キーワード :
, , ,
三菱ふそうがアメリカのワイズ・システム社と提携し、物流を効率化する配送計画システムを日本で独占的に販売する。同社初となる外部企業との業務提携であり、ソリューション企業としての存在感を高める狙いだ。

車両コネクテッド化の「次」

ワイズ・システムズ使用イメージ(画像:三菱ふそう)。
ワイズ・システムズ使用イメージ(画像:三菱ふそう)。

 三菱ふそうトラック・バスは2021年7月15日(木)、アメリカのワイズ・システムズ社と業務提携を締結し、配送計画システム「ワイズ・システムズ」を国内で初めて販売すると発表した。

「ワイズ・システムズ」は物流におけるラストワンマイル配送を最適化するシステムで、運行管理者のパソコンとドライバーのスマホ1台ずつあれば配送業務のデジタル化を実現するという。ふそうブランドに限らず、軽バンでもバイクでも適用可。API連携で物流企業独自の内部システムとの連携もできるという。

 三菱ふそうはすでに、いわゆるコネクテッド技術として「トラックコネクト」を全ての新型トラックへ搭載しているが、これは車両の運行状態をリアルタイムで管理するもの。対して今回は車両に紐付かない汎用的なソフトウェアであり、配送業務そのものの効率化をサポートするソリューションの販売だ。外部企業との業務提携も、三菱ふそうにとって初めてのこと。

 同社トラックアジアコネクティビティデジタルサービス部長のピーター・ファイグラー氏は、ドライバー不足、長時間労働、環境負荷など日本の物流課題を挙げたうえで、コネクテッドの「次の一歩が必要」と話す。「AI(人工知能)でパーフェクトな配送体験」を実現すると自信を見せた。