日本初、橋梁建設現場で物流ドローン自動自律飛行による資材運搬 SkyDriveと大林組

キーワード :
,
スカイドライブは、大林組と共同で、国内で初めて人口集中地区となる橋梁建設現場において、物流ドローンによる自動自律飛行での資材運搬の試験運用に成功したと発表した。

横浜市の現場で実施

物流ドローン「SkyLift」(画像:SkyDrive)
物流ドローン「SkyLift」(画像:SkyDrive)

「空飛ぶクルマ」と「物流ドローン」を開発するスカイドライブ(SkyDrive、愛知県豊田市)は2月15日、大林組(東京都港区)と共同で、国内で初めて人口集中地区となる橋梁(きょうりょう)建設現場において、物流ドローンによる自動自律飛行での資材運搬の試験運用に成功したと発表した。

 建設現場では、建設作業員の高齢化、減少を見据えた対応が課題だ。大林組は資材搬送の自動化を進めており、物流ドローンの活用も検討。SkyDriveと大林組は、2019年から共同で、建設現場における重量物の運搬が可能な物流ドローンの活用の検討を行い、高速道路の工事現場などで試験を繰り返してきたという。

 今回使用した物流ドローンは、SkyDriveが、航空機開発のプロセスで培った技術を活用して開発した「SkyLift」。自動自律飛行により、平地から、桁上空30mに最大20kgの資材を運び、無着陸でホイスト機構(資材をドローンからつり降ろす装置で、つり荷が接地することによりフックが自動で外れる機構を備えている)により、荷下ろしを行うことができる。今回は、東海道本線の横浜市栄区内の橋梁建設現場で、資材(H型鋼など)の運搬と荷下ろしに成功したという。

 今回の試験運用で、SkyLiftの自動自律飛行により定期的に建設中の構造物上への資材運搬できることが確認できたため、両社は今後、実際の建設現場で試験運用を重ね、建設現場に適した機体の開発および効果的な活用方法を検討していくという。

全てのコメントを見る