タワークレーンの熟練操作を自動で IHIグループと三井住友建設が運転支援システム開発へ

キーワード :
, ,
IHI、IHI運搬機械、三井住友建設の3社が、タワークレーンの運転支援システムの開発に着手した。クレーンメーカーの制御技術とゼネコンの施工計画情報を組み合わせることで、建築現場の生産性向上が期待できるという。

揚重作業の安全性と生産性がアップ

ジブクライミングクレーン運転支援システムのイメージ(画像:三井住友建設)。
ジブクライミングクレーン運転支援システムのイメージ(画像:三井住友建設)。

 IHIとIHI運搬機械、三井住友建設は2021年7月1日(木)、高層ビルの建築現場で使われるジブクライミングクレーン(タワークレーン)の運転支援システムの共同研究開発契約を締結し、開発に着手したと発表した。

 このシステムは、クラウド上に構築した三井住友建設の施工情報システムと、IHI・IHI運搬機械のクレーン自動化技術を連携させて、従来、現場単位で計画して手動で行っていたタワークレーンの操作を支援するもの。プレキャスト部材の荷取場から取付位置までの最適な揚重経路を自動生成し、取付位置上空まで自動誘導する。

 タワークレーンの操作は、経験豊富なオペレータが必要だが、近年の労働力人口の減少により熟練運転手不足が進むとともに、運転手の技量不足や技量のムラによる作業効率低下が課題になっているという。

 3社は2017年度から、これら課題の解決に向けて意見交換を進めてきた。クレーンメーカーの有する制御技術と、ゼネコンの施工計画情報を組み合わせることで、クレーンメーカーだけでは実現が困難だった追従・振れ止め・位置合わせ・障害物回避・サイクルタイム向上などを考慮した最適な経路の自動生成と制御による運転支援が期待できることから、今回、実装に向けた共同研究開発を始めたという。

 システムを活用することで、クレーン操作経験の浅い運転手でも熟練運転手と同等レベルに引き上げられることで、高層ビル建築現場の生産性の向上が期待されるとしている。