なぜ豊臣秀吉はわずか6日で「中国大返し」を敢行できたのか? 2万5000の大軍、1日55kmを大疾走

キーワード :
, , ,
豊臣秀吉の天下取りへの大きなきっかけとなった「中国大返し」は、短期間で大軍を移動させた成功例として有名だ。その成功にはきちんとした理由がある。

大軍移動を敢行

大阪市内にある豊臣秀吉像(画像:写真AC)
大阪市内にある豊臣秀吉像(画像:写真AC)

 豊臣秀吉(羽柴秀吉)の天下取りへの大きなきっかけとなった「中国大返し」は、短期間で大軍を移動させた成功例として有名だ。その成功にはきちんとした理由があり、現代のわれわれにも参考となりそうだ。そのいきさつを見ていこう。

 1582(天正10)年6月2日に本能寺の変が起きたとき、羽柴秀吉は備中高松城(岡山市)を水攻めしている最中だった。明智光秀によって織田信長が討たれたことを秀吉が知ったのは、翌日の3日夜のことといわれている。

 秀吉にとって幸いだったのは、その少し前から毛利方との間で和平交渉が進められていたことである。秀吉は、信長の死を隠し、それまで出していた条件を緩和し、停戦協定を結ぶことに成功した。

 講和が成り、5日、毛利方の吉川元春・小早川隆景の軍勢が撤退を開始し、姿を消したのを見届け、秀吉軍も撤退し始めた。6日の午後2時ごろといわれている。ここから猛スピードの「中国大返し」が始まる。

 とはいえ、このときの秀吉軍は2万5000という大軍である。秀吉は、明智光秀と一戦を交えるためには、兵は多いほどいいと考え、高松城にはわずかの兵を残し、その大軍を率いて上方に戻ることとなった。

全てのコメントを見る